オリジナルTシャツ・グッズのデザイン制作を行うプリッヅです!デザインに関する特集サイトです。

ちょっと修正してください!チラシのデザイン:裏面編【就職支援事業部】

illust-title1-textUre

flyer_02

グループ会社の(一社)学生就職支援協会の松枝さん。 素人にしては、かなり、完成されたレイアウトです!

裏面は、ちょっと息切れしたみたいですが。

大まかなパーツは及第点。素晴らしい!
素材集を使っているみたいですが、セレクトのセンスは抜群です!

flyer_04

flyer_05 flyer_06

flyer_07

本人もわかっているようで、このスペース、どうしやって埋めたらいいですか?という疑問をいただきました。

もちろん、空いたスペースに解説の文字をいれるのも一つの選択肢ではありますが、ここは、デザインで解決してみたいと思います。

実は、グラフの中のタイトルが、少し、改行の都合上読みづらくなっています。

それを外に出してあげます。

ただ、

【企業エントリー時】

【入社を検討する時】

【インターンシップ応募の時】

という項目を、そのまま、一行で流してしまうと、グラフの倍ほどもあるスペースが埋まりません。

なので、より、見やすくなるように、吹き出しにしてみました。

 

flyer_08

吹き出しを使うと、より、親しみ深い雰囲気が作られ、読みやすくなります。

 

flyer_09

空きスペースは、基本的にカテゴリーごとに、空きスペースの広さは決まっています。
要素によって、空きスペースの幅の感覚を身につけましょう。

❶一番外の大きな枠の空きスペースを一番広くとります。

❷その次は、項目別の境目。

❸企業HPの採用ページを見ていましたか?の質問と企業へ興味が持てなかった採用ページにどんな特徴がありましたか?という質問の間のスペース。

❹その次が、タイトルと、枠の中の空き。

これらが整理されると、自然とレイアウトが見やすくなります。

見るための情報がきちんと空きスペースによってカテゴリー分けされ、整理されるからです。

flyer_10

細かいけれど、ここがクリアになるとグレードが一気に上がるのです。

 

flyer_12

タイトル文字は、やはり目立たせたいもの。

(一社)学生就職支援協会のサイト制作4つの特徴と書いてあるタイトル部分は、白抜きではかなり見えづらいので、本当であれば、黒の文字がいいかもしれません。

しかし、今回は敢えて、縁をつけてみました。

また、【4つ】のテキスト、数字と全角文字では、ウェイト(見え方の重量)が違います。

なかなか、日本語のフォントであっても、この文字と数字のバランスが良い書体は、あまりありません。

見え方として、数字は天地の幅が寸足らずであり、小さめに見えます。

それを調整しようとすると、文字のベースライン(一番下のライン)がズレて座りが悪くなります。

センターにあわせるか、数字だけベースラインをズラすかどちらかで対応していただければ、バランスがよくなります。

今回は、数字を天地のセンターに合わせて配置しました。

そして、全体的に、文字がギチギチに詰まっているのと、空きスペースを入れずに入っているので、圧迫感を感じます。

文字は、大きめにした方がいいというのはあるのですが、小さくても大きく見せる手法があります。

それは、【行間】、【文字間】を開けるという作業です。

 

ギチギチに文字が詰めてある文字は、非常に読みづらく、視認性が悪くなります。

逆に、文字に対し余裕を持たせて、1ptでも文字間を余裕を持って文字打ちを行うと、1pt文字を大きくするより見やすさは大きく変わります。

今回は、文字間は【0】ですが、つまり過ぎた文字よりも視認性はよくなります。

flyer_14

flyer_15

 

SNSでフォローする